Processingで始めるメディアアート入門

Processingで始めるメディアアート入門

この記事はLiT!関西 Advent Calendar 2014 8日目の記事です。 LiT(Life is Tech!)とは中学生、高校生のためのプログラミング・ITキャンプ/スクールのことであり、このアドベントカレンダーは、LiT所属の大学生メンターが書いています。

すこし大げさなタイトルですが、この記事は、メディアアートってなんとなくおもしろそう、なのでメディアアートやってみたい。

けどどうやって始めればいいのか分からない。

そんな人はProcessingがいいよ!!!という記事です。

メディアアートってなんだ

一重にメディアアートと言ってもその内容は多岐にわたり、一言では言えないのですが、wikipediaによると、

20世紀中盤より広く知られるようになった、芸術表現に新しい技術的発明を利用する、もしくは新たな技術的発明によって生み出される芸術の総称的な用語である。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88

とのこと。

最近、メディアアート、という言葉を、プロジェクションマッピングなどの流行もあって聞くことが多いような気がしていて、LiTでも、メディアアートコースというものがあることもあり、ボクも含め興味を持っている人は多いと思う。

今回はプログラミングをつかったものを紹介する。 ビジュアルコーディングというやつ。

Processing

そこでProcessingの登場です。僕はこれからやってみたいという人にはprocessingを勧めたいかなと思ってる。

理由としては

ことが大きい。

文法が簡単

メディアアートを体験したいわけであって、言語の勉強をしたいわけではない。 ましては入門したいときに複雑な文法など覚えてられない。最低限にしたい。

そういう意味でoF(C++)はあんまり入門向けではないと思った。oFも試すにはそれほど文法を知る必要はないんだけど、全体が掴めない。

直感的に書ける。

線引きたい、とおもったら

line(x1, y1, x2, y2);

これでよい

0から10の範囲で乱数が欲しいなら

ramdom(10)

これでよい。余計なプレフィックスもつかない(大事) もしこれが最初に学ぶ言語だったとしても、「何をすれば何ができるのか」がコードから分かりやすい。

これはメディアアートに必要な知識として、基本的な数学があることにも関連していて、文法が分かりやすいことで数学が苦手な人でも理解するのが少しでも楽になれるのではないかと思っている。

すぐに結果が見れる

これが一番大きい。

元はJavaなので実行してwindowが表示される感じだけど、 JavaScriptに変換する機能を簡単にインストールでき、変換したものをそのままサーバーなどに上げればだれでもすぐに結果を見ることができる。

試してみる

Processingは https://processing.org/download/?processing からダウンロードできる。

Mac, Windows, Linuxそれぞれに対応しているので、各々の環境に合わせてインストールしてください。

インストール後、このようなwindowが開く

/image/processing1.png

ここに書いて、左上の実行ボタン(▶)を押すと別ウィンドウで結果が表示される。

試しに書いてみる

// 座標をきめる
float x = width / 2;
float y = height / 2;
// 円を書く
ellipse(x, y, width, height);

これを書いて実行すると

/image/processing2.png

こうなる。メディアアート!!!!!!!!!!!

もう少し実践的にやってみる。

Processingはsetup()draw()というメソッドをそれぞれ定義することで、それらがそれぞれが初期化処理と描画処理を担当する。

int start = 0;
int limit = 100;
float x;
float y;
float w,h;
boolean incr = true;

void setup() {
  size(500, 500);
  x = width / 2;
  y = height / 2;
  w = start;
  h = start;
}

void draw() {
  background(255);
  if(w > limit){incr = false;}
  if(w < start){incr = true;}
  if(incr){
    w++;
    h++;
  }else{
    w--;
    h--;
  }
  ellipse(x, y, w, h);
}

円を大きくしたり小さくしたりする。 少しながいけど、Processingで書くとシンプルで分かりやすいのではないかと思う。

このsetupdrawを覚えれば大体のことはできる。

ビジュアルコーディングで大事なこと

Processingに入門したところで、これからいろんなものを作れるようにはなるけど、何が重要なのかイマイチ分からないと思うので、書いてみると

だと思う

これは身構えることはなくて、三角関数(sin, cos)の基本的な計算、四則演算ができればほとんど十分。

どういうふうに使うかというと、例えば

円形にオブジェクトを配置したいときや、二点間の距離を求めたいとき、などはsin, cosを勉強していれば簡単にできる。 円形にオブジェクトを配置すれば綺麗に見えるかもしれないし、二点間の距離が分かればお互いを弾き合うボールを作れたりする。と言った感じ

これは徐々にで良いと思う(僕も全然しらない)

けど例えばboidという、鳥などのいきものの群れをシュミレーションするアルゴリズムを知っていると、コンピューター上に鳥の群れをつくることができる(メディアアートっぽい)

興味のある人はqiitaに書いているので見てください。

ビジュアルコーディングではいつもWebやアプリを作っている人だと慣れない要素が多いと思う、例えば計算だってほとんどやらないだろうし、乱数を扱うこともほとんどない。なのでちょっとずつなれることは大事かなと思った。

おわりに

全然まとまりがないですが、すこしでも興味を持ってもらえたらと思います!!!!!!入門にはoFよりProcessingの方がいいですよ!!?!?!??!

あっこの本おすすめです